芸能マネージャーの残業・休日

芸能マネージャー求人TOP >> 転職のポイント >> 芸能マネージャーの残業・休日

芸能マネージャーの残業・休日

芸能マネージャーの勤務時間は10時から19時までの実働8時間で設定されている会社が多いです。しかし、実際のタイムスケジュールはその日の予定によって変わります。芸能マネージャーの業務内容には書類作成などのルーティンワークも含まれますが、基本的に芸能マネージャーは担当するタレントと一緒に仕事をすることになるため、タレントのスケジュールに合わせて勤務時間を調整しなければならないからです。例えば、タレントが出演する番組の収録が深夜に行われる場合などは、現場に合わせて夜勤をしなければならなくなることもあるでしょう。また、収録時間が予定を超過してしまい、徹夜で家に帰れなくなるということもあります。そのため、芸能プロダクションやタレント事務所には裁量時間労働制を採用している会社も多くなっています。業界全体の傾向として、芸能マネージャーは午前よりも午後、夕方以降に仕事が入ることが多くなっており、夜型の生活になりやすくなっています。また、会社によって変わってきますが、芸能マネージャーは基本的に一人で複数人のタレントを受け持つことになり、担当するタレントの数が多いとその分だけ仕事量が増え、残業も多くなりがちです。

芸能マネージャーは既定の実働時間を超えて働かなければならないことも多いので、就業に当たってはその覚悟が必要です。芸能マネージャーは番組プロデューサーとの打ち合わせなどがあるため、基本的にはタレントよりも早く現場に着き、収録後は遅れて現場から帰ることになります。また、収録後も直帰というわけにはいかず、事務所に戻って雑務をこなさなければならない場合もあります。

なお、芸能マネージャーがタレントの現場への送迎を行う、いわゆる付き人としての役割を業務内容に含んでいる会社もあります。芸能マネージャー兼付き人の場合はタレントに合わせて動くことができますが、こちらも実際の実働時間は通常の芸能マネージャーと大して変わりません。むしろ、タレントに時間を拘束されるため、溜まった仕事を処理するために結果として長く働かなければならなくなることもあります。

また、タレントは車での移動中は仮眠を取るなどして休憩を取ることができますが、芸能マネージャーは時間がある限り電話やメールでの連絡、スケジュール確認、その他の業務などを行う必要があります。そのため、芸能マネージャーには持ち前の体力はもちろん、空いた時間を活用して息抜きを行う容量の良さも大切だと言えるでしょう。

芸能マネージャーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは業界No.1の転職成功実績を誇る人気の人材紹介サイトです。
・約30万件にも及ぶ転職やキャリアアップの実績があり、アドバイザーの質も高いのが特徴です。
・芸能界は特殊な業界ですが、アドバイザーがポートしてくれるので未経験者でも安心です。



Copyright (C) 2015-2016 芸能マネージャーの求人サイトランキング All Rights Reserved.